コラム

【2022年】カフェ、お寺、劇場、重要文化財…京都の≪ひと味違う≫コワーキングスペース7選

2020.12.10 四条烏丸

 2022.12.17更新

 

京都でドロップインできるコワーキングスペース10選
こちらの記事が好評のため、引き続き京都府内のコワーキングスペースをご紹介します!

伝統と歴史の街京都では、府全体で産業支援・スタートアップ支援などに力を入れていることもあり、たくさんのコワーキングスペースが日々誕生しています。

今回は数ある京都府内のコワーキングスペースの中でも、ひと味違うコワーキングスペースを集めました。

多目的で利用できるコワーキングスペース、スペースごとの特色をご紹介します。

※営業時間・受付状況などの最新情報は必ず、直接ご確認ください※
※料金は全て税込み価格で記載しています※
 



1. 【コモンルーム四条烏丸】
   - 本格的カフェダイニング併設!2021年冬オープンのコワーキングスペース
2.THEATRE E9 KYOTO/Collabo Earth E9】
   - 全国でも珍しい、劇場併設のコワーキングスペース
3.【engawaKYOTO】
   - 2020年度グッドデザイン賞!あの電通が運営する事業共創拠点 
4.【オトナリラボ】
   - ”こどもとはらたく”コワーキングスペース
5.【Garden labo KYOTO】
   - 京町家をリノベーションした、グローバルなコワーキングスペース  
6. 【coto】
   - 日本発のキャンピングコワーキングスペース
7.【会所(Impact Hub Kyoto)】
   - 重要文化財、 西陣産業創造會舘にあるコワーキングスペース
 


 

 

1.本格的カフェダイニング併設!2021年冬オープンのコワーキングスペース
 【コモンルーム四条烏丸】

コモンルーム3店舗目となる『四条烏丸店』が2021年12月2日(木)OPEN!
しっかりとしたフリーWi-Fiやオフィス家具・無料ドリンクバーなど、ワークスペースに必要な設備をしっかりと備えています。ドロップインでの利用はもちろん、月額会員の方は365日24時間ご利用いただけます(利用可能時間は、プランによって異なります)。

また、1F部分に直営カフェを併設しており、ランチタイム・カフェタイム・ディナータイムと、異なるメニューを提供。コモンルーム四条烏丸の会員の方には、ランチ限定のお弁当やコーヒー・お菓子のセットなどをご用意しております。
作業スペースとしてはもちろんのこと、ちょっとしたブレイクタイムや気分転換にもご利用いただけますよ💡


営業時間:月曜~土曜 9:00~18:00 (定休日:日祝) 
    (カフェダイニングはランチタイム~ディナータイムまで営業予定です)
利用料金:ドロップイン 3時間1,000円、1日利用1,500円
     月額会員 フルタイム(365日24時間)会員14,300円 ほか各種プラン有
公式HP:https://common-room.jp/shijokarasuma/

 

2.お寺でコワーキング!で話題【桃源山 明覺寺(めいかくじ)】       

明覺寺は京都駅と五条駅の間に位置する、浄土真宗本願寺派のお寺です。
毎週月曜日7:00~18:00の間、本堂をコワーキングスペースとして開放しています。
7:00からはおつとめがあり、その後の本堂をコワーキングスペースとして利用できるとのこと。

朝のおつとめを経た程よい緊張感、また非日常的な空間の中で仕事ができるので、集中力を高めたい方に合うコワーキングスペースです。


営業時間:毎週月曜日 7:00~18:00(不定期・SNSで告知)
利用料金:任意
公式HP:https://www.meikakuji.com/coworking

 

3. 全国でも珍しい、劇場併設のコワーキングスペース【THEATRE E9 KYOTO/Collabo Earth E9】       

89席の客席を有する小劇場があるTHEATRE E9 KYOTO 。
京都における小劇場文化の危機的状況を打開するため、2019年6月にオープンしました。
様々な劇場公演が行われ、劇場関連のワークショップも行われています。

そんな劇場の2階に、コワーキングスペースCollabo Earth E9があります。
”コラボレーション”に特化しているイベントが多く、コミュニティ型コワーキングスペースを求める方にはぴったりのコワーキングスペースです。

営業時間:365日 7:00~23:00
利用料金:月額会員  25,000円
公式HP:劇場 https://askyoto.or.jp/e9
    コワーキングスペース https://collabo-office-e9.com/

 

4.2020年度グッドデザイン賞!あの電通が運営する事業共創拠点【engawaKYOTO】       


烏丸通り沿いに位置するengawaKYOTOは、電通が2019年7月にオープンさせた 社会のイノベーションを支援する事業共創拠点です。

コワーキングスペースはシェアオフィスとして使えるスペースや貸会議室も併設されており、会員になれば登記利用も可能。
様々な スキルを磨けるプログラムが充実しており、また会員には企業マッチングや起業家研修などのサービスも。パートナー企業とのスタートアップの成長支援も行われています。

事業開始にあたり、手厚いサポートを求める人におすすめです。

営業時間:365日 9:00~21:00
利用料金:ドロップイン 1日利用3,300円
月額会員 33,000円(コワーキング会員)
公式HP: https://engawakyoto.com/


 

5.”こどもとはらたく”コワーキングスペース 【オトナリラボ】       

京都市バス河原町五条から徒歩4分にあるオトナリラボは、 保育スタッフにお子様を見守ってもらえるコワーキングスペースです。
パパママがデスク利用を行っている間は、「NPO法人京都子育てネットワーク」の経験豊富な保育スタッフがお子さんを見守り保育してくれるそう。

働く子育て世代に向けた「子育てと働くを一緒に考える」コミュニティスペースとして、
保育つきコワーキングスペース&子育てと働くをより豊かにするイベントを開催しています。

コワーキングスペースとしても、親子で楽しめる遊び場としても充実のサービスが利用できます。
 

営業時間:火曜〜土曜 9:30 〜16:30(予約制)(定休日:月・日・祝)
利用料金:30分 650円、 1時間 1,300円、回数券(2時間×6回 12,000円)(オトナリラボ会員)
公式HP: http://www.ovalplan.co.jp/otonari-labo/index.html
     最新情報ブログにてhttps://otonari-labo.hatenablog.com/about

 

6.京町家をリノベーションした、グローバルなコワーキングスペース【Garden labo KYOTO】       

地下鉄四条駅と五条駅の間に位置するガーデンラボ京都は、コワーキングスペース、ミーティングルーム、
宿泊施設がある複合施設です。2棟の京町家をリノベーションした施設内には、
名称にもある坪庭があり、京都らしい季節の流れを感じることができます。

代表取締役はバンクーバー出身の方で、京都出身の建築士とこのGarden labを完成させたそう。
宿泊スペースも用意されているので、日本国内のワーケーションスペースとして活用も可能です。

京町家の良さを生かした空間で、落ち着いたワークスタイルを送りたい方におすすめです。

営業時間:9:00~18:00
利用料金:月額会員 ¥5,500(基本プラン)~
公式HP: https://www.gardenlabkyoto.com/coworking

 

7.日本発のキャンピングコワーキングスペース【coto】       


京都駅から徒歩6分の位置にあるコワーキングスペース、coto。
その特徴は”スノーピークのキャンピングオフィス”を目指し、キャンプ好きにはたまらない空間が広がっていること。

室内のコワーキングスペースの座席のほとんどを、アウトドアブランドで人気のスノーピークで揃えていたり、テラスにはテントを張っていたり。
晴れた日にはテント利用も可能で、キャンプ気分を味わいながらコワーキングすることができます。

営業時間:平日 10:00~18:00、土日祝 10:00~16:00
利用料金:ドロップイン 2時間利用800円~
     月額会員 13,000円
公式HP:https://www.coto-kyoto.jp/

 

8.重要文化財、 西陣産業創造會舘にあるコワーキングスペース【 会所(Impact Hub Kyoto)】       

「会所」はImpact Hub Kyotoが運営するコワーキングスペース・シェアオフィスです。

西陣産業創造會舘の2階に位置し、 「変化をつくる起業家の世界的コミュニティ」であるImpact Hubの理念を体現したスペースとなっています。

仕事や打ち合わせに利用することができるのはもちろん、共働スペースとしてコミュニティ内でのプロジェクトやコラボレーションも期待できます。

西陣産業創造會舘 は1921年(大正10年)に京都で三番目の電話局として建設され、大正時代に活躍した有名な建築家、岩元祿氏の現存する唯一の作品であることなどから国の重要文化財に指定されています。

この文化的価値の高い独創的なデザインの建物内で作業すれば、いつもと違った視点が見えてくるかもしれません。
普通とは少し違うコワーキングスペースを体験してみたい方におすすめです。

営業時間:平日 10:00 ~ 20:00 (休業日:土日祝日)
利用料金:ドロップイン 1,000円
     月額会員 フルタイム会員25,00円(税込)ほか
公式HP:https://kyoto.impacthub.net/

 




京都の”ひと味違う”コワーキングスペースをご紹介しました。

府全体が新しい事業を始めやすい体制を整えていることもあり、京都のコワーキングスペースでは共働が生まれやすいようです。

関西では大阪がコワーキングスペース数が多いですが、京都も多種多様なコワーキングスペースが増えています。
サービスや料金はもちろん、そのスぺースの雰囲気を知ることも大切ですので、ぜひ見学などに行かれてみてください!

お読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめです!



コモンルームは≪大阪市北区/京都市下京区≫にある、コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス貸会議室です。
ドロップインでのご利用、定額プラン、バーチャルオフィスプランなど複数のプランをご用意しております。
お仕事や作業、商談や面接場所を≪梅田駅、大阪駅、中津駅周辺≫ ≪四条駅、烏丸駅、五条駅周辺≫でお探しの際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム梅田
〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
TEL:06-6940-7143 / FAX:06-6940-7144
Email:umeda@common-room.jp

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp

コモンルーム四条烏丸
〒600-8427 京都市下京区⽟津島町294(京都市下京区烏丸通松原西入北側) 2F(受付)
TEL:075-353-5551 / FAX:075-353-5552
Email:shijokarasuma@common-room.jp