コラム

コワーキングスペースでの住所利用と法人登記の方法とメリット

2020.04.22 梅田 中津 四条烏丸

2023.6.22更新

今回はコワーキングスペースでの住所利用、住所を利用した法人登記についてご紹介します。
起業等で事業拠点をお探しの方には有益な情報ですので、是非お読みください。

 

独立・起業・法人設立、いわゆるスタートアップの際にコワーキングスペースを利用される方が近年増えています。

はじめから貸事務所でオフィスを構えるのではなく、事業が軌道に乗るまではリーズナブルなコワーキングスペースを活用される方が多いようです。

大切な資金を事務所初期費用ではなく、事業運営に充てるというスタンスは今の時代の当然の流れなのかもしれません。

今回はコワーキングスペースを事業起ち上げの拠点とする場合に重要な『住所』の利用についてご紹介します。
コワーキングスペースではスペースの住所を利用して、ホームページへの記載や法人登記が可能です。

メリットやデメリットもご紹介しますので、これから事業拠点をお探しされる方の参考になれば幸いです。

 

目次
1.コワーキングスペースでの住所利用・法人登記とは?
 1-1住所利用
 1-2法人登記
2.コワーキングスペースで住所利用・法人登記をするメリット
 2-1コスト削減
 2-2自宅の住所を公開しなくていい
 2-3信用力のある住所を利用できる
 2-4宅急便等を預かってもらえる
3.コワーキングスペースで住所利用・法人登記をするデメリット
 3-1住所利用・法人登記が出来ないスペースがある
 3-2許認可を取得できない場合がある
4.コワーキングスペースはこんな方にオススメ
 4-1スタートアップの方
 4-2自宅で仕事が出来ない方
 4-3リモートワークが主体の法人
5.バーチャルオフィスという選択肢もあります
6.コモンルームの住所利用・法人登記・バーチャルオフィス

 

1.コワーキングスペースでの住所利用・法人登記とは?


コワーキングスペースではスペース利用の他、コワーキングスペースの住所を事務所の住所として利用をすることができ、また法人登記する際に住所として利用することが可能です。

では、 コワーキングスペースでの住所利用・法人登記では何ができるのでしょうか?
もう少し詳しく解説します!

1-1 住所利用

名刺や販促物、ホームページなどにコワーキングスペースの住所をビジネスの拠点として掲載できるサービスです。
また、郵便物等の荷物の受取り、預かりをしてもらうこともできます。

1-2 法人登記

コワーキングスペースの所在地を、自身の会社所在地として登記申請することができます。
コワーキングスペースを事業拠点にしていた方が法人成りされる場合にはもちろん、新規で起業や事業立ち上げされる方で、登記場所に迷われた場合などに便利なサービスです。

多くの場合、コワーキングスペース利用料とは別に住所利用・法人登記料が必要にです。また、そもそも住所利用・法人登記利用のサービスを行っていないコワーキングスペースもあるため、事前の確認が必要です。

 

2.コワーキングスペースで住所利用・法人登記をするメリット

コワーキングスペースで住所利用・法人登記をする場合のメリットをご紹介します。

2-1 コスト削減

賃貸で事務所を借りて事業を展開・法人登記をすることに比べると、コワーキングスペースの利用は非常に低コストです。
事務所を借りる場合は最低でも数万円の月額賃料に加え、光熱費や通信費が必要です。
コワーキングスペースは月額1~2万円程度で利用できますので、差額を事業資金に充てられます。

初期費用にしても、事務所の敷金、礼金を含む賃料の他、必要な家具や機器を揃えることも考えると、コワーキングスペースはWi-Fiや複合機などが使える所も多いためコスト削減が可能となり、設備手配の手間も省くことができます。


2-2 自宅の住所を公開しなくていい

コストの点では、自宅を事業拠点にして法人登記をする方法が一番安上がりではあります。
ただし自宅の住所のため、プライバシーの問題や、ストーカー等の被害にあってしまうリスクも心配です。
また、賃貸の場合は(住宅としての賃貸契約なので)事務所利用や法人登記が禁止されている場合がほとんどです。
訪問営業等も増えるので、コワーキングスペースを利用し、住まいとワークスペースを分けることで生活の安心と、快適なワークスペースの確保ができます。

2-3 信頼度の高い住所を利用できる

コワーキングスペースは、ビジネス街やターミナル駅の徒歩圏内に所在しているスペースが多く、いわゆる一等地の住所を低コストで利用、法人登記ができるので、他者から見た信頼度が高くなります。

今はグーグルマップで所在地が簡単に確認できる時代です。
立地からも好印象を与えることができれば強みになるのではないでしょうか。

2-4 郵便物や、宅配物を預かってもらえる

一人で事業をされている方に多い問題ですが、営業活動や商談で外出をされている間は配達物の受取ができません。
住宅には普及してきた宅配ボックスも、オフィスビル等への設置はまだ浸透していません。

コワーキングスペースの受付には常駐スタッフがいるところも多く、代わりに受取をしてもらえます。
また、法務局や役所関係の重要な書類が届くこともあるため、スムーズに受け取れるのは安心ではないでしょうか。

このように、コワーキングスペースを活用すれば、ストレスなく配達物を受け取ることができます。

 

 

3.コワーキングスペースで住所利用・法人登記をする注意点

次に、コワーキングスペースで住所利用・法人登記をする場合の注意点をご紹介します。

3-1 住所利用・法人登記が出来ないスペースがある

住所利用・法人登記が不可、もしくは住所利用はできるが法人登記は不可というコワーキングスペースもあります。

特に住所利用のみ可能なコワーキングスペースの場合、コワーキングスペースの住所を利用して個人事業主として活動を続けた後に、法人化したい時に引き続きコワーキングスペースの住所で法人登記ができず拠点を移す必要が発生します。

法人化を見据えている場合は事前に確認をしましょう。

3-2 許認可を取得できない場合がある

事業を営むにあたって許認可が必要な場合がありますが、古物商や派遣業などではコワーキングスペースでは許認可を出せないと判断されるケースがあります。

法人登記や許認可申請を行うタイミングで発覚するとコワーキングスペースの契約費用が無駄になってしまうため、事前に確認しましょう。

法人登記できない業種とは?? こちらのブログをご覧ください。
バーチャルオフィスでの法人登記ができない業種⁉

※バーチャルオフィスでのブログですがご参考までに


4.コワーキングスペースはこんな方にオススメ

上記を踏まえると、コワーキングスペースでの住所利用・法人登記は以下の方には特におすすめです。
是非コワーキングスペースを活用してください!

4-1 スタートアップの方

フリーランスでも法人から始められる方も、起業時のコワーキングスペース利用はお勧めです。メリットで説明したように、自宅住所を公開せずに低コストで事業を始めるには有用な施設です。

コワーキングスペースは様々な業種の方が利用しており、人脈を広げるきっかけになるなど、 事業拡大の可能性も広がります。
交流会などを開催しているコワーキングスペースもあるので、目的に合ったコワーキングスペースを検討してはいかがでしょうか。

4-2 自宅で仕事が出来ない方

パソコンと携帯電話があれば大方の仕事が出来る時代になりましたが、家庭の事情により自宅で仕事が出来ない方や、自宅では集中して作業が出来ないという方も、コワーキングスペースの利用がオススメです。

コワーキングスペースには仕事に必要な通信環境や、フリードリンクなどのサービスも整っているため、快適なワークスペースが確保できます。

4-3 リモートワークが主体の法人

通信環境の発達とともにリモートワークが浸透しています。
基本的に従業員は出社せず必要時に他の従業員と会う、またはWeb会議等で、というスタンスの企業もあります。

とはいえ、集まれる場所もWEB会議を行う場所もどこかに必要です。低コストで利用が出来るコワーキングスペースを拠点にすることで場所に悩むことなく行えます。

ドロップインでの利用や貸会議室をレンタルできるスペースも多くありますので、是非ご活用ください。

 

5.バーチャルオフィスという選択肢もあります


実際に事務所を賃貸などで用意することなく、ビジネスに利用できる住所のみを借り、ビジネスの拠点とすることができるサービスのことをバーチャルオフィスといいます。

上記の通り、仕事をするスペースがあり、住所利用・法人登記を行えるコワーキングスペースは非常にお勧めですが、
そもそも『仕事は自宅で、住所と登記は別の場所で』という方には、バーチャルオフィスという選択肢もあります。
バーチャルオフィスとは、事業を営むにあたって必要な住所や電話番号などの情報をレンタル出来るサービスです。
場所をレンタルするわけではないので、コワーキングスペースよりもさらにリーズナブルに住所・登記が利用できます。
バーチャルオフィスについては以下のリンク先に詳細をまとめています。こちらもご参照ください。
バーチャルオフィスとは  https://common-room.jp/news/1937/

 

6.コモンルームの住所利用・法人登記・バーチャルオフィス

コモンルームは大阪市北区にある、コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室です。
住所利用及び法人登記も可能で、バーチャルオフィスプランも取り揃えております。

コモンルーム梅田:https://common-room.jp/umeda/
コモンルーム中津:https://common-room.jp/nakatsu/

完璧な作業環境と、お仕事に集中して頂ける各種サービスを整えておりますので、
大阪の梅田エリアで住所利用や法人登記場所を探されている方は、是非ご検討ください。
皆様のご利用をお待ちしております!

 

こちらの記事をお読みの方におすすめのブログはこちら!

 

【営業保証制度】のご案内:スペースの運営をお約束します

コモンルームはスペースを提供し続けることをお約束します。廃業によりあなたの事業拠点を奪うことはしません!

 

【運営者がお伝えする】バーチャルオフィスのメリットとデメリット!

住所だけが必要な方はバーチャルオフィスプランも必見です!
コモンルームのバーチャルオフィスプランは5,000円でお使い頂けます!

 

【コモンルーム】が起業・ベンチャー・スタートアップ企業に選ばれる8つの理由

起業家の方はもちろん、全てのビジネスパーソンにお選び頂くために徹底的にこだわった運営をしています!

 

コモンルームは≪大阪市北区/京都市下京区≫にある、コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室です。
ドロップインでのご利用、定額プラン、バーチャルオフィスプランなど複数のプランをご用意しております。
お仕事や作業、商談や面接場所を≪梅田駅、大阪駅、中津駅周辺≫ ≪四条駅、烏丸駅、五条駅周辺≫でお探しの際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム梅田
〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
TEL:06-6940-7143 / FAX:06-6940-7144
Email:umeda@common-room.jp

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp

コモンルーム四条烏丸
〒600-8427 京都市下京区⽟津島町294(京都市下京区松原通烏丸西入ル玉津島町294) 2F(受付)
TEL:075-353-5551 / FAX:075-353-5552
Email:shijokarasuma@common-room.jp