コラム

京都でワーケーション!宿泊できるコワーキングスペース・ワークスペース付きホテルまとめ

2021.01.28 梅田 中津

観光スポットが目白押しの京都で、ワーケーションをしてみませんか?
素敵なホテルに宿泊しながら、滞在先の周辺を観光しながら、仕事も楽しむ。
そんなワーケーションにぴったりのコワーキングスペース・ワークスペース付きホテルをご紹介します!
 

【目次】
 京都で宿泊できるコワーキングスペース
1.ザ・ミレニアルズ京都 ( andwork京都 )
2. we base京都
3.UNKNOWN KYOTO
4.京都タワーホテルアネックス(コワーキングスペース レジーナ)
 ワークスペース付きホテル
5. sequence KYOTO GOJO
6. 草枕
7.RAKURO 京都 by THE SHARE HOTELS 
8. ACE HOTEL KYOTO

※各施設の最終情報は、直接施設へご確認ください※


 

京都で宿泊できるコワーキングスペース

京都で泊まることができて、コワーキングスペースもある施設をご紹介します。観光都市・京都は一ヶ月いても回りきれないほどの観光スポットが。
都会の喧騒から離れたホテルや、観光スポットにアクセスしやすい宿など、たくさんのホテルがありますので、ぜひワーケーション先として検討ください。 

1.ザ・ミレニアルズ京都(andwork京都)       

(公式サイト:https://www.themillennials.jp/kyoto


京阪本線 三条駅から徒歩5分、阪急京都線 河原町駅から徒歩5分に位置するザ・ミレニアルズ京都。 ハイブリッド型コワーキングスペースとして創業し、andwork京都というコワーキングスペースが併設されています。

ザ・ミレニアルズ京都は、スマートポッドというホテルならではの居室が特徴です。
カプセルホテルのような見た目ながら、一室当たりの天井は高く、自動で動くベッド付き。
女性専用エリアもあるので、女性一人でも行きやすいですね。

コワーキングスペースのandworkは作業・仕事をするには最適な環境が整えられており、ワーケーションをする拠点として大変おすすめです。

コワーキングスペース andwork京都 詳細
住所: 京都府京都市中京区山崎町235
営業時間 8:00 – 22:00
料金:ドロップイン利用 ¥600/時間 ¥2000/1日

 

 

2.We Base京都       

(公式サイト:http://we-base.jp/kyoto/index.html

 
阪急京都線 烏丸駅から徒歩7分、京都市営地下鉄 四条駅から徒歩5分のコミュニティホステル「WeBase京都」。
「世界の若者に旅を!」をコンセプトに 、アジア・海外などの若者層の受け皿として、多国語に対応したスタッフさんがホテルにて対応してくれます。

宿泊できる部屋はドミトリーから個室まで様々な種類があり、自身の希望に沿った部屋が見つかるはず。
施設内にはラウンジ・パウダールーム・ランドリースペースなどの施設も完備しており、ワーケーションとして1週間ほど宿泊し、観光スポットを回ってみるのもおすすめです。

ラウンジではWi-Fiや電源などが揃っており、宿泊者はコワーキングスペースとして利用することも可能です。
※現在、個室などをコワーキングスペースとして使えるデイユースを予約できるそうです。

デイユース&コワーキングスペース 詳細
アクセス: 京都府京都市下京区岩戸山町436-1
営業時間: 平日 7時〜22時 (ただし金曜日のみラウンジ利用は18時半まで)
料金: 900円(700円)/ 1時間 1100円(800円) /2時間 1300円(900円)/ 3時間
→カッコ内は学生料金

※利用には予約が必要です。
 電話 075-353-7555
 メール kyotofrontdesk@we-base.jp

 

 

3. UNKNOWN KYOTO       

(公式サイト:https://unknown.kyoto/)

 
UNKNOWN KYOTOは宿×食事処×コワーキングが一体化している宿泊複合施設で、元遊郭建築をリノベーションして作られました。

宿の落ち着いた雰囲気はもちろん、元の建物の良いところをそのまま利用している室内など、心動かすものがあるはず。
併設している レストラン「sin」の唐揚げは、日本唐揚協会が主催する「からあげグランプリ」で、地域酒場部門1位となる「最高金賞」を受賞したそうです。

京阪清水五条駅から徒歩4分、 鴨川に近いロケーションで、ゆっくりとしたときの流れを感じることができる古い木造建築中にあるコワーキングスペース。理想の京都の暮らしを体験できるのではないでしょうか。

コワーキングスペース 利用詳細
アクセス: 京都府京都市下京区平居町55番地1
営業時間: 月〜土 10:00〜19:00
料金:ドロップイン利用  500円/ 2時間、1,000円/ 5時間、 1,500円 /1日
※1ドリンク付き

 

 

4.京都タワーホテルアネックス(コワーキングスペース レジーナ)       

(公式サイト:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/tower_hotel_annex/)

 
JR京都駅から徒歩3分、京都タワーホテルアネックス1階にあるコワーキングスペース レジーナ。2020年10月1日にリニューアルオープンしました。

アクセスの良さに加え、ホテル1階らしい高級感のある雰囲気で、落ち着いて仕事をする際にはピッタリです。

平日だけではなく土日も利用でき、使い勝手もいいですよね。

また、京都タワーホテル、京都タワーホテルアネックスは、現在日帰り利用できる「タワークルーム」というテレワーク向けの個室を設けています。
ニトリとイケアプロデュースの2部屋があり、落ち着いたワークスペース付き。
2時間1500円から使える時間利用プランと、1日当たり4500円のプランがあります。

コワーキングスペース レジーナ 詳細
アクセス:京都府京都市下京区東塩小路町595-1
営業時間:10:00~20:00(最終受付19:00)
料金:ドロップイン利用 400円/時 1,500円/1日

 

ワークスペース付きホテル

ここからは、ワーケーションにぴったりなワークスペース付きホテルをご紹介します。
そもそもワーケーションとは観光地やリゾートでのリモートワークのことを指します。
観光気分たっぷりのホテルで作業もできれば、切り替えながら仕事も捗ること間違いなしです。

 

5. sequence KYOTO GOJO       

(公式サイト:https://www.sequencehotels.com/kyoto-gojo/)

シークエンスは三井不動産グループが運営する、新しいホテルです。「SMART」「OPEN」「CULTURE」をコンセプトに、気鋭のクリエイターと共創した、新ホテルブランド。

京都五条のシークエンスは”FLOW”をメインコンセプトに、人と街と時間がゆるやかに流れつながっていく、京都の空気をそのままに楽しめる場所としてオープンしました。

各部屋はもちろん、烏丸通りに面した開放感のあるレセプション・バーラウンジには様々な座席があり、思い思いの好きな場所で過ごすことができます。

シークエンス京都五条では、食を通じたコミュニティイベント開催も予定されており、ワーケーションの拠点として、人との出会いも期待できるホテルです。


アクセス:京都府京都市下京区五条烏丸町 409
予約サイト:公式HPより予約可能

(参考:三井住友不動産ニュースリリース “自分のスタイルで、人や街との「やさしいつながり」を楽しむ次世代型ホテル”  三井不動産グループの新ホテルブランド『sequence』誕生

 

 

6. 草枕 KUSAMAKURA KYOTO KAWARAMACHI       

(公式サイト:https://www.kusamakura.co.jp/)

 
河原町にある「草枕」は、”京都町家のスイートルーム”というコンセプトで、 一軒家の京都町屋に宿泊できる宿となっています。

宿らしいアメニティはもちろんのこと、キッチンもついているので、家族での旅行にもぴったり。
ワーケーションとして嬉しいのは、しっかりとした執務スペースがあること。
暮らすように旅する、それが一人でも家族でも実現することのできる宿となっています。

河原町駅から徒歩6分、鴨川にも近い立地のため、ゆっくり鴨川沿いの散歩を楽しみたいですね。


アクセス: 京都府京都市下京区鍋屋町241-3
予約サイト:公式サイトより予約可能

 

 

7.RAKURO 京都 by THE SHARE HOTELS        

(公式サイト:https://www.thesharehotels.com/rakuro/)

 
京都市営地下鉄「烏丸駅」徒歩2分にあるRAKURO 京都は、比較的コストも安く泊まることができるホテルです。

THE SHARE HOTELSというホテルブランドの1つの施設で、 全国にも様々なホテルがあります。どのホテルにも固有のシェアスペースがあり、宿泊者同士の交流はもちろん、まちに根差した活動者の発表の場になることも。

RAKUROではシェアキッチンやランドリーも完備されているため、少し長めの宿泊になっても楽しめるはず。宿泊者が使えるLibrary & Loungeがあり、様々なイベントも行われています。
また、屋上からは京都の街並みが見渡せるため、仕事の息抜きにもぴったりです。

京都にはRAKUROの他にももう1店舗ありますので、 お好みの場所をワーケーションの拠点として利用されてみてください。


アクセス: 京都府京都市中京区常真横町186
予約:RAKURO 公式サイトより予約
京都府内の他店舗  TSUGU 京都三条

 

 

8.ACE HOTEL KYOTO       

(公式サイト:https://www.acehotel.com/)

 
言わずと知れた 京都のニュースポット、新風館にあるエースホテル京都。 エースホテル は、”クリエイターが集い、カルチャーの生まれる場所”を目指して1999年にアメリカ・シアトルに創業されたホテルです。

ホテル内はアートが飾られ、一つひとつのアメニティにもこだわりを感じることができます。
ワークスペースとしては、室内にデスクがある場合もありますが、なんとホテルロビーはオープンスペースとなっているそう。
電源が使えて、Wi-Fiも利用できるビッグテーブルもあり、作業場にはぴったりです。

ホテルすぐの新風館は、アパレル、飲食、映画館など様々なショップが立ち並ぶ複合施設。新しい京都の観光地を、新しい働き方のワーケーションスポットとして利用できます。


アクセス:京都府京都市中京区車屋町245-2
予約サイト:公式サイトより予約可能

 

京都にある宿泊できるコワーキングスペース、ワークスペース付きホテルをご紹介しました。
載せきれないほどの宿泊施設がある、関西でも有数の世界的に有名な観光スポット、京都。
モダンな雰囲気の施設から、歴史を感じる施設まで、その種類も様々です。

ワーケーションの際の拠点選びに、ぜひご利用ください。

 

 

最後に、ワーケーションにおすすめの施設の検索・予約ができるサイトをご紹介します。

▽komforta workation 

サイトURL:https://komforta-workation.com/

全国で、「仕事に集中できる」「地域の魅力を楽しめる」「新しい人と繋がれる」そんな素敵なワーケーション先を見つけられるサイトとなっています。

興味のある方は、ぜひチェックしてみて下さい。

  

コモンルームは大阪市北区にある、コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室です。
ドロップインでのご利用、定額プラン、バーチャルオフィスプランなど複数のプランをご用意しております。
お仕事や作業、商談や面接場所を梅田駅、大阪駅、中津駅周辺でお探しの際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム梅田
〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
TEL:06-6940-7143 / FAX:06-6940-7144
Email:umeda@common-room.jp

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp