スタッフ コラム

従業員の満足度向上!サテライトオフィスが選ばれている理由

2020.02.21 梅田 中津

2020.10.12 更新

◆大阪の梅田と中津でコワーキングスペース・シェアオフィス・
レンタルオフィ ス・バーチャルオィスを運営しているコモンルームの スタッフブログ!
大阪・北エリアのイベントやグルメなどの耳より情報を発信しています!
=========================================

こんにちは!コモンルームです。

ワークスタイルの多様化が進んでいる現在、従業員が職場に求めるニーズも多様化しています。

そんな従業員・オフィスワーカーの要望に応える新しいワークスペースとして、検討する企業も多いサテライトオフィス。
そんなサテライトオフィスでの働き方やメリットをご紹介します。

 

◆目次
1、2020年さらに注目されているサテライトオフィスでの働き方
2、サテライトオフィスのメリット
3、サテライトオフィスとして利用するなら、レンタルオフィスがオススメ
4、従業員がワークプレイス(職場)に求めるものとは?

 

サテライトオフィスとは?

サテライトオフィスとは、本社や本店とは異なる場所で従業員が働くことのできる場所のことを指します。事業所や支店とは異なり、「従業員」が本社に行くよりも働きやすい立地に位置したオフィスのことを指します。
サテライトオフィスでの勤務は感染拡大防止の観点からも促進されているテレワークの一種として考えられており、あくまでも「従業員」のために設立するオフィスのことを指しています。 

1、2020年、さらに注目されているサテライトオフィスでの働き方

2019年4月から働き方改革が順次施行され、多くの企業が働き方の転換に動き出しています。

少子高齢化や介護問題などで労働力不足が叫ばれている昨今、一人一人の社員の生産性向上は企業にとって注力すべき点の一つであることは間違いありませんが、近年様々な企業がその改善策として、サテライトオフィスの利用を導入しています。

その理由の中でも、大きなポイントは利便性が向上する点です。

下記の記事でも述べられていますが、2020年は東京オリンピックの開催が控えていることもあり、通勤ストレス増加の懸念から通勤のあり方も見直されており、場所に縛られない自由な働き方のニーズは今後もさらに拡大していくと考えられています。

少子高齢化や介護問題などで労働力不足が叫ばれている昨今、一人一人の社員の生産性向上は企業にとって注力すべき点の一つであることは間違いありません。
 
また、新型ウイルス感染拡大防止のために、オフィス分散化を進めていくスピードが早まり、場所に縛られない自由な働き方のニーズはさらに拡大しています。

そんな中、様々な企業が働き方改革の施策の一つとしてサテライトオフィス利用を導入しています。

従業員の働く場の選択肢が増えるという点が、企業の魅力にも繋がる時代。
だからこそ、サテライトオフィスにも注目が集まっています。
 



2、サテライトオフィスのメリット

サテライトオフィスのメリットは多岐にわたります。

 

サテライトオフィスでの勤務が可能になれば、
 
・自宅から本社に必ず出社しなければいけない
・外出先からオフィスに戻らないと仕事ができない
 
などといった従業員一人ひとりが抱える課題が解消されていき、従業員の”利便性”が向上します。

 

また、パートナーの転勤や介護の事情などで退職するしかない…という際にも、サテライトオフィスの存在はその抑制になります。

離職に伴う急な人材不足や知識・業務の引継ぎが不完全な状況などは、企業にとってデメリットの一つ。
そんな場合にも、サテライトオフィスが課題解決の一助となることは間違いありません。

 

サテライトオフィスの導入のメリットはその他にも…

・「営業先から本社へ戻るため」など、移動だけに発生していた交通費や残業代が削減できる

・働く場所の選択肢が増えると、より自分の生活圏に近い職場で働くことが可能となり、従業員のワークライフバランスが安定しやすくなる。

・他社や異業種との交流の機会があり、情報交換やコラボレーションの機会が生まれる

・新規の営業所を開設するよりも低コストで働く場所を確保できる。

 

特に、新規の営業所を開設するよりは低コストでオフィスを開設できるという点については、非常に大きなメリットです。

 

様々なメリットがあるサテライトオフィスでの働き方。
では、どのようなサライトオフィスを選ぶべきなのでしょうか?
 

 

3、サテライトオフィスとして利用するなら、レンタルオフィスがオススメ

 

メリットの多いサテライトオフィスですが、実際に設置を検討するのであれば、近年利用者が急増している「レンタルオフィス」がおすすめです。

レンタルオフィスは通常の賃貸とは異なり、必要なデスクやチェア・ネット環境などが完備された部屋を、低いイニシャルコストで借りることができるというオフィスです。


一般賃貸などでのオフィス契約時、仲介手数料のほか敷金・礼金なども6~10ヶ月分発生します。

さらに、インターネット開設費、複合機のリース料、家具の購入費、 退去時には一般的な一人暮らしなどといった住まい向け賃貸とは比較にならないクリーニング費が発生することも 。

その点、レンタルオフィスでの開設は、店舗や立地によっても異なりますが、光熱費やインターネット、家具、各種備品も込みで、仲介手数料もかかららないところが大半です。

店舗によっては貸会議室が優待価格で使える場合もあり、サテライトオフィスの開設はそういったコスト面でも優れているようです。
 

また、多くのレンタルオフィスは一般賃貸よりも短期間での利用も可能なため、サテライトオフィスとして設置し、利用頻度によって契約を継続することなどが可能です。

 

 

4、従業員がワークプレイス(職場)に求めるものとは?

 

PR TIMESによると、従業員が職場に求めているものの上位には、「休憩スペースが確保されているか?」などといったリフレッシュできるスペースが挙げられていることが分かります。

休憩スペースでのオンオフの切り替えは、パフォーマンスを高めるために必要不可欠と言っても過言ではありません。

サテライトオフィスでも、レンタルオフィスのみを契約して使用した場合は、休憩時は外食やその個室内…つまり職場で過ごすことになり、オンオフの切り替えが難しい可能性が高いです。

しかし、コワーキングスペースやラウンジが併設されているレンタルオフィスを契約すれば、社員の休憩スペースも合わせて確保できることになり、福利厚生面でも満足度向上に繋がります

もちろん、予算や必要な備品の有無の確認をした上でではありますが、近年上記のような占有スペースと合わせて共有スペースも利用できるレンタルオフィスも増えてきていますので、契約をご検討の際は合わせて共有スペースの有無も確認することをお勧めします。

リラックスできるコワーキングスペース併設のサテライトオフィスがオススメ!


当店、コモンルーム中津コモンルーム梅田では、レンタルオフィスの(個室)やシェアオフィス(固定席)を契約すると、利用者様は、コワーキングスペース(共有・フリーアドレス席)も無料で利用可能となります。

 
サテライトオフィスとしても多くの企業・法人様に契約して頂いておりますので、ご見学やご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

サテライトオフィスは、様々なメリットがあり
今、注目を集めています。

皆様のサテライトオフィス選びの一助になれば幸いです。

 

こちらのブログに興味のある方へおすすめのブログはこちら

 

 

●コモンルームは、大阪市北区にあるアットホームな雰囲気のコワーキングスペース×シェアオフィスです。 コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室としてご利用頂けます。ドロップイン利用は90分500円から、貸会議室は30分550円(最低1時間~)から。
お仕事や勉強はもちろん、商談や面接のご利用、他の利用者様とのコミュニティを作ることも可能です。
中津駅、梅田駅、大阪駅、茶屋町周辺でお仕事をされる際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp

コモンルーム梅田
〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
TEL:06-6940-7143 / FAX:06-6940-7144
Email:umeda@common-room.jp