スタッフ コラム

会社員・サラリーマンでも収入アップ!「週末起業」で副収入を安定させる3つのポイント

2020.07.20 梅田 中津

会社員・サラリーマンとして働かれている方の誰しもが一度は思う「もっと収入を増やしたい…」という気持ち。

日々各方面で奮闘していると、
「毎日頑張っているのに収入がなかなか増えない。」
「今年も昇給できなかった。」
「自分の能力に見合った給料は貰えているのか?」
「不景気でこれからの給料が心配。」

時には、こんな悩みや愚痴を吐きたくなってしまうこともあるかと思います。

今回は、そんな悩みを抱えている人たちから近年注目を集めている「週末起業」についてご紹介いたします。
週末起業による副収入を安定させるポイントにも触れながら記載しておりますので、「週末起業に興味がある」という方はもちろん、「とにかく毎月の収入を少しでも上げたい」「週末起業の収入をもう少しアップさせたい」という方にも是非一度確認いただきたい内容となっております。

◎こんな方にもおすすめです!
・週末起業に挑戦してみたい方

・週末起業初心者の方
・低リスクで収入をアップさせたい方
・副業やダブルワークの収入がなかなか安定しない方
・毎月の収入を少しでも増やしたい方

皆様のご参考になりましたら幸いです!

 

【目次】
1、週末起業とは?
2、週末起業に準備はいらない!すぐにでも始めた方がいい理由とは?
3、週末起業で抑えるべきポイント
 3-1、成果が出るまでに時間を要するビジネスはNG!
 3-2、これまでに無い画期的なアイデアはニーズがあるか要確認
 3-3、週末起業に「集中できる場所」の確保は必須!
4、週末起業の業務効率を上げる!コモンルームのおすすめプラン

 

 

1、週末起業とは?

「週末起業」とは、普段は会社勤めの会社員・サラリーマンとして働きながら、就業後や土日祝の空いた時間に自分で事業を興して収入を作ることです。

現在働いている会社を辞めることなく、やりたいことを実現させたり、2つの収入のダブルエンジンでリスクカバーができたりする点で週末起業という起業スタイルは、コロナ禍における経済への不安が広がる昨今、ますます注目を集めています。
会社員としての安定した収入はそのままであるため、リスクを最小限に抑えた起業方法ですので、初心者の方にも挑戦しやすいと言えます。

「空き時間に副収入を得る」という意味で、副業(複業)と似ていますが、 副業が「他人・他社のビジネスを手伝う」のに対し、週末起業では「自分でビジネスを立ち上げる」というニュアンスが強くなっています。
たとえ小さな収益でも、儲けるための仕組みを考え、実行することが週末起業の醍醐味ですので、世の中のニーズに応えるアイデアや、顧客への価値を生み出す仕組みづくりを考え、販売・営業・アフターフォローまで実践していきましょう。

 

 

2、週末起業に準備はいらない!すぐにでも始めた方が良い理由とは?

週末起業が注目を集める理由の一つとして、
「準備に時間・コストをかけることなく始めることができる」という点が挙げられます。

一般的に、起業すること自体にはリスクがあるとイメージされていますが、この週末起業は基本的に自分の空き時間で可能な範囲でできるビジネスを展開して副収入を得ることを目的としているので、資金の借り入れ店舗開設などの準備期間は必要なく、ほぼリスクが無い状態で始めることができるのです。

むしろ、「今こんなことが世の中に必要かも…」と考えていた新しいアイデアが、他の人によって実行されてしまう可能性なども踏まえると、週末起業はすぐにでも始めた方が良いと言えるでしょう。


  

3、週末起業で抑えるべきポイント

リスクがほとんど無く起業できる点が魅力のが週末起業ですが、
どういった点に注意していくべきなのでしょうか?
ここでは抑えるべきポイントを3つに分けてご紹介いたします。

  

3-1、成果が出るまでに時間を要するビジネスはNG!

週末起業は、自分の空き時間で起業ができるという点が魅力的なわけですが、逆に言えば週末起業自体に割ける時間が限られているという点にも注視しなければなりません。
例えば、今の世の中のニーズに合った斬新なアイデアを週末起業として実行したとしても、その利益がユーザーが何百人も集まってからしか出ないというような収益構造であれば、その達成までにはかなり長時間を要する可能性が高いためオススメできません。
つまり、週末起業には成果が出るまでにあまり時間がかからないビジネスが向いていると言えます。

すでにスキルがある場合は、
・ライティング
・コンサルティング
・プログラミング
などのお仕事は比較的需要がある中で成果にも結び付きやすいためオススメです。

 
また、同様の理由で、営業活動に時間を要するビジネスも週末起業には適しているとは言えません。
営業が必要な場合、やはり平日もフルタイムで営業活動をしている起業人には敵わない傾向にあります。
資本や協力者がいれば、外部委託などでそのデメリットをカバーする手もありますが、軌道に乗るまでは大掛かりなコストは極力避けた方が良いと言えるでしょう。

  

3-2、「これまでに無い画期的なアイデア」はニーズがあるか要確認!

週末起業における失敗例において、最も多いと言われているケースがビジネス自体にニーズが無いというケースです。
ニーズが無ければどれだけ凄いサービスでも、利益には繋がりません。

起業と聞くと、「斬新なアイデア力が必要」と捉えたり、「画期的なビジネスモデルを考えないといけない」と身を構える方もいらっしゃいますが、起業人として成功しているほとんどの方は、「世の中を良くしていくためにこんなことが必要じゃないか?」だったり、「こんなサービスあったら便利じゃないか?」という観点で事業を起こされております。
つまり、起業はニーズ(=需要)があって初めて成り立つと言っても過言でありません。
確かに、一部の有名な起業家の方々は、画期的なサービスをビジネスとして成功されていますが、そんな方であっても初めは世の中のニーズや需要に対して何か出来ないか?という観点で考えられているそうです。

この需要と供給の分析をきちんと行うことで、今は需要が無いビジネスであったとしても、未来に向けての方向転換が出来たり、需要のあるエリア・年齢が選定できたりすることもあります。
そういった意味でも、もしも「斬新かつ画期的なアイデア」があって起業をお考えの場合は、一度立ち止まりそのビジネスにはニーズ(需要)があるか検討してみることをおすすめいたします。

 

3-3、週末起業に集中できる場所の確保は必須!

週末起業はあくまでも本業との兼業として実施する起業のため、コストは極力抑えた方が良いと言われています。
しかし、そんな中でも、多くの週末起業家が声を揃えて準備した方が良いというのが「集中できる場所」の確保です。

上述のように、週末起業は自身の空き時間を活用して行うため、モチベーションの維持が難しいと言われております。
3-1、成果が出るまでに時間を要するビジネスはNG!」でも記載した内容は実はこの観点からも同様のことが言えるのです。
目に見える形で成果があれば、たとえ本業の休日であっても意欲的に取り組むことが出来ますが、成果が一向に現れないことにコツコツと努力するには一定以上の忍耐力が必要になるでしょう。

そういった観点から、本業の「職場」や勉強の際の「自習室」のように、週末起業時においても「集中する場所」が必要と言われているようです。

せっかく週末起業を始める行動力があるにも関わらず、環境によって仕事が捗らず挫折してしまうという方もいます。
そうならないためにも、週末企業時には、極力集中できる場所を確保することをおススメいたします。

週末起業家がおすすめする作業場所の例としては、
・近所のカフェ
・コワーキングスペース
・レンタルオフィス
などが挙げられます。
 
コモンルーム中津の「夜&週末プラン」をご利用中の週末起業家のお客様も、「今までカフェで作業していたが、コストが意外とかさむのでコワーキングスペースを契約した」と話されていましたので、低コストで使える作業場所はやはり必要なようです。

  

 

4、週末起業の業務効率をあげる!コモンルームのおすすめプラン

最後にコモンルームのプランもご紹介させていただきます!
コモンルームは、コワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスを運営している複合オフィスですが、近年、週末起業に取り組む利用者様も多くいらっしゃいます。
ここではそんな皆様に人気のプランをご紹介させていただきます!

 

 

①コワーキングスペースの利用プラン

「週末起業に集中できる環境を確保したい」、「人脈を広げながら活動したい」という方におすすめ!
フリー席のコワーキングスペースをお使い頂けるプランでご希望の利用時間枠に合わせてお選びいただけます。
事業が安定してきたら、オプションの住所利用を組み合わせて事業所としてそのまま使うことや、ステージに合わせてレンタルオフィス(個室)に拠点を移すことも可能です。
貸会議室も併設しているため、来客や商談にも対応可能です!

コモンルーム中津のコワーキングスペース
 (例1) コワーキングスペース 夜&週末プラン  7,000円
 (例2) シェアオフィスフリー席 夜&週末プラン 9,000円
コモンルーム梅田のコワーキングスペース
 (例3) コワーキングスペース オフタイムプラン 10,000円

※店舗によりサービス内容や、取り扱いプランが異なりますので詳細は各店舗へご相談ください。

 

②シェアオフィス(専用の固定席)の利用プラン

モニターを使ったり、作業に必要なアイテムが多い方にもおススメ!
専用の固定デスクを構えることができるシェアオフィスのプランは、事務所としての信頼度は抜群です。
実際に、フリーランスの方や開業届を出されている個人事業主の方、法人化されている方など、多くの利用者様もいらっしゃりそんな方々とのコミュニケーションも魅力の一つです。

コモンルーム中津のシェアオフィス

※2020年7月現在、シェアオフィスはコモンルーム中津店のみの販売となっております。

 
 

➂レンタルオフィス(個室)の利用プラン

「完全個室が良い!」「24時間出入りしたい」という方におすすめ!
コモンルームでは、24時間1~10名様程度までご利用頂ける個室レンタルオフィスを準備しております。
オフィス家具、インターネット完備で、共用施設として会議室・コワーキングスペース・カフェサービス・複合機・シュレッダー等もお使い頂けます。
ご利用シーンや事業規模に合わせてお部屋の移動も可能です。

コモンルーム中津のレンタルオフィス
コモンルーム梅田のレンタルオフィス

※店舗によりサービス内容や、取り扱いプランが異なりますので詳細は各店舗へご相談ください。

 
 

④バーチャルオフィスプラン

「自宅やカフェなどで十分集中できる!」「コストはとにかく安く済ませたい」という方におすすめ!
一番低コストで大阪の有名ビジネスエリア「大阪市北区」の住所が使えるプランです。
週末起業を自宅などで実践しながらも、問い合わせ住所などには自宅を乗せたくないという方に必見の内容です!
オプションで電話番号もお使い頂けます。

コモンルーム中津店バーチャルオフィスプラン
コモンルーム梅田店バーチャルオフィスプラン

※両店舗同じサービス内容となりますが、コンセプトなどが異なりますので、ご自身の事業内容や利用用途に合う店舗をご利用ください。
(2店舗で悩まれている方はこちらの記事もご参照下さい。)

バーチャルオフィスについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
<参考>運営者がお伝えするバーチャルオフィスのメリットとデメリット

【問合せはこちら】
 お問い合せフォーム (電話・メールどちらでも可能です)

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
今回は週末起業で副収入を安定させる4つのポイントをご紹介いたしました!

兼業やダブルワークが当たり前になってきた今だからこそ、起業も隙間時間で出来てしまう時代なんですね。
コモンルームとしても、そういった皆様のお力添えができるように今後も尽力して参りたいと思います。

今回の記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです(^^)

最後まで閲覧いただきありがとうございました!

 

 

———————————————————————————

コモンルームは大阪市北区にある、コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室です。
ドロップインでのご利用、定額プラン、バーチャルオフィスプランなど複数のプランをご用意しております。
お仕事や作業、商談や面接場所を梅田駅、大阪駅、中津駅周辺でお探しの際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム梅田
〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
TEL:06-6940-7143 / FAX:06-6940-7144
Email:umeda@common-room.jp

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp