施設紹介 コラム

今注目のフレキシブルオフィスとは?柔軟な働き方を叶える5つのメリット

2021.06.21 梅田 中津

レンタルオフィスにシェアオフィス、サテライトオフィス…。
働き方の多様化に伴い、オフィスの在り方も様変わりし次々に新しいサービスが誕生しています。

そんな新しいオフィスとして、近頃『フレキシブルオフィス』というキーワードをよく耳にするようになりました。
しかしながら、実際にどんな場所を指すのか、どんなシーンで活躍するのか、どれくらい浸透しているのか…、具体的なことは中々イメージしにくいのではないでしょうか。

そこで、今回のテーマはそんな謎深い『フレキシブルオフィス』について。調べれば調べるほど便利でイマドキなその詳細をお伝えします💡

また、実際にオフィスを探している人に向けて、私たちコモンルームについてもご紹介しています。
大阪でオフィスを探されている方の選択肢のひとつとして、ぜひチェックしてみてください!




【目次】

1.フレキシブルオフィスとは?

2.フレキシブルオフィスのメリット・デメリット

3.フレキシブルオフィスとしてもおすすめ!コモンルームのオフィスサービス【大阪】

3-1.【大阪・梅田】コモンルーム梅田
  集中特化型ワークスペース!大阪駅から徒歩3分で出張時や仕事終わりの利用にも◎
3-2.【大阪・中津】コモンルーム中津
  中津駅徒歩1分のアットホームで居心地抜群の集中空間!会話や交流のきっかけも豊富◎

4.おわりに



1.フレキシブルオフィスとは?


近年注目の高まる『フレキシブルオフィス』とは、コワーキングスペースやシェアオフィス、サービスオフィス、レンタルオフィスといったオフィスサービスの総称です。また、その言葉の通り「契約スタイルが柔軟で自由度が高いオフィス」という意味も持ち合わせています。
選択する場所によりますが、1カ月単位での契約が可能であったり、契約後すぐ利用開始できたりと、一般的な賃貸オフィスと比べて柔軟性や自由度の差は明らか。

例えば、フルリモート化した企業の社員の集中できるオフィス環境として、営業職の人の作業場兼休憩場所として、新規事業の立上げ時の拠点として、などなど…。

リモートワークやテレワークが広く定着し、多様化する働き方やそれに伴うニーズを懐深く受け入れられる先として、東京を起点とし大阪でもじわじわと注目度が高まっています。

そして、「コワーキングスペース≒フレキシブルオフィス」と考えると、日本でコワーキングスペースが広く定着してきたことこそ、フレキシブルオフィスの需要が高まっているという事実を示しています。

事実、2020年時点で全国のコワーキングスペースの数は1,497件に上ります。私たちコモンルームの拠点である大阪でも128件と、東京に次ぐ数となっており、ニーズの高さを感じる日々です。


2.フレキシブルオフィスのメリット・デメリット


それでは、先に述べたようなフレキシブルオフィスを活用することで、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まとめてご紹介します。


フレキシブルオフィスのメリット


メリット①『初期コストの大幅な削減』

まずなにより大きなメリットは、オフィスにかかるコストを大幅に削減できる点です。
通常の賃貸オフィスの契約では必須であるおよそ半年分の保証金や、家具・家電の費用、インターネットの接続費用といった初期費用が不要。
また、月単位での契約が可能なところが多く、日々移り変わる社会情勢に合わせて利用できるため、変化の激しい現在においての契約しやすさも魅力です。
会議室やドリンクバーを完備しているところもあり、リーズナブルなだけでなく利便性も高い点でも注目を集めています。

メリット②『柔軟な契約形態』

先にも述べたように、フレキシブルオフィスの魅力は『 契約スタイルが柔軟で自由度が高いオフィス 』であるという点にあります。運営母体にもよりますが、1カ月単位で利用できる点や利用開始までのスケジュールもとても短い点などは、フレキシブルオフィスを自由度の高い場所にしている大きなポイントです。
急な増員やリモートワークの導入など、先の見通しがしにくい場面であっても、気軽に相談できるのがフレキシブルオフィスなのです。

メリット③『居住地を問わない採用活動が可能』

フレキシブルオフィスは、全国津々浦々、急速にその数が増加しています。仕事の細かなやりとりが、オンライン上で完結しつつある昨今、本社機能を持たない、という企業の話もよく耳にするようになりました。そうした中で、優秀な人材の確保のため居住地を問わず採用活動をする動きが加速。フレキシブルオフィスを活用することは、こうした動きをさらに加速させる働きがあると考えられています。
さらに、働く場所にとらわれなくなることで、長期的な人材育成や離職率の低下にもつながるといったメリットも◎

東京や大阪を中心に急速に増加しているフレキシブルオフィスですが、他地方でもその存在感を高めています。今後はより自由な採用活動が叶うようになるはずです。

メリット④『複数拠点を持ちやすい』

費用を抑えて月単位で契約できるフレキシブルオフィスは、拠点を複数保有するリスクも押さえてくれます。 この拠点を複数持ちやすいという点は、メリット③にも深く関わっています。
一つの大きなオフィスを構えるというスタイルから、社員に合わせて小さな拠点を複数有するスタイルへ。こうした現代社会の流れにあったオフィスサービスだと言えそうですね。

メリット⑤『新しいコミュニケーションの場になる』

フレキシブルオフィスの様式は様々ですが、「ひとつのオフィス空間の中に多彩な職業やニーズの人が集まる」という共通点があります。こうした特徴から、フレキシブルオフィステレワークやリモートワークが進む中の新しいコミュニケーションの場所としても注目を集めています。
実際に、「リモートワークの孤独感が緩和された」という声も数多く上がっています。


フレキシブルオフィスのデメリット

デメリット『職種を選ぶ可能性がある』

フレキシブルオフィスは、先にも述べたように様々な形態があります。その中のひとつであるコワーキングスペースやシェアオフィスでは、明確な区切りがないオープンな環境が多く、人材紹介業や行政関係の仕事など、職種によっては適さない場合も。
そうした場合は、セキュリティ面を考慮して「個室タイプのレンタルオフィス」を選ぶなどの対応が必要になるかもしれません。



3.フレキシブルオフィスとしてもおすすめ!コモンルームのオフィスサービス【大阪】

フレキシブルオフィスをお探しの人の選択肢として、ぜひ私たちコモンルームの紹介をさせてください。

コモンルームは2013年からコワーキングスペース事業をスタートし、居心地や使い心地にこだわった空間づくりにこだわっています。現在は大阪で『コモンルーム梅田』『コモンルーム中津』の2店舗を運営中です。

コワーキングスペースを中心に、レンタルオフィスやシェアオフィス、貸会議室と、フレキシブルオフィスとしてニーズに合ったオフィスサービスをお選び頂けます。
それぞれカラー(特徴)の異なる店舗となっていますので、ぜひ各店舗の詳細をチェックしてみてください!

3-1.【大阪・梅田】コモンルーム梅田

コモンルーム梅田は、JR大阪駅から徒歩3分でグランフロントのすぐそばという利便性抜群のフレキシブルオフィスです。
店内はシンプルで落ち着いた色合いでまとめられており、集中型ワークスペースとしてたくさんの人に選ばれています。
広くゆったりとしたコワーキングスペースをはじめ、2021年5月には新たにレンタルオフィスフロアも増設。
また、スタッフ滞在時間中は常時コンシェルジュが滞在しており、細やかなサービスを提供しています。

大阪の中心である『JR大阪駅』周辺でリーズナブルに拠点を探されている人は、ぜひチェックしてみてください💡

《住所》 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
《最寄り駅》JR『大阪駅』より徒歩3分
《サービス》コワーキングスペース/レンタルオフィス/貸会議室/バーチャルオフィス
《HP》https://common-room.jp/umeda/
《電話番号》 06-6940-7143



3-2.【大阪・中津】コモンルーム中津

コモンルーム中津は、「つながり広がるリビングルーム」をコンセプトにしたアットホームな雰囲気が魅力。仕事や勉強など、一人ひとりの“挑戦”を応援することをモットーに、集中環境を提供しています。
また、 利用者さん同士のコミュニケーションや繫がりが生まれるきっかけ作りにもこだわっており、交流会などのイベントやスタッフとのコミュニケーションなど、日々の会話も大事にしています。

そして2021年7月には、新しく1Fにキッチン付コワーキングスペースを増床!日常は集中できるワークスペースとして、そして時にイベントや試食会、セミナー会場として幅広くご利用頂けますよ💡

《住所》 大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
《最寄り駅》Osaka Metro 御堂筋線『中津駅』より徒歩1分
《サービス》コワーキングスペース/シェアオフィス/レンタルオフィス/貸会議室/バーチャルオフィス
《HP》https://common-room.jp/nakatsu/
《電話番号》 06-6147-9991



4.おわりに


いかがでしたでしょうか。
今回は、最近よく耳にするようになった『フレキシブルオフィス』についてご紹介しました。

フレキシブルオフィスを取り入れることで、リモートワークやテレワークといった直近の課題はもちろん、少子高齢化に伴う人材不足や採用問題といった長期的な課題をも解決できる可能性があります💡
そのためには、フレキシブルオフィスはもちろん、従来の賃貸オフィスや在宅など、様々な形態を比較・検討することをおすすめします。

私たちコモンルームのフレキシブルオフィスも、毎日快適に利用頂けるよう精一杯努めて参ります。大阪でオフィスをお探しの際は、お気軽にお問合せください!

今回のブログが、みなさまのニーズや課題に合ったオフィス探しに、少しでもお役に立てば嬉しく思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!


コモンルームは大阪市北区にある、コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室です。
ドロップインでのご利用、定額プラン、バーチャルオフィスプランなど複数のプランをご用意しております。
お仕事や作業、商談や面接場所を梅田駅、大阪駅、中津駅周辺でお探しの際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム梅田
〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
TEL:06-6940-7143 / FAX:06-6940-7144
Email:umeda@common-room.jp

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp