コラム

京都で駐輪場があるコワーキングスペース♪自転車通勤はSDGs達成にも繋がります!

2021.04.02 梅田 中津


京都での移動手段としてポピュラーな自転車。
自転車があればどこまでも進むことができるので、ちょっとしたサイクリングがてら観光スポットを巡るのも楽しいですよね。

そんな自転車社会の京都では、通勤手段としても自転車がよく利用されるそう。
そこで今回は、駐輪場があるコワーキングスペースをご紹介!

また、自転車社会である京都はSDGsなどの取り組みに積極的な都市でもあります。
特に京都市は、2019年度の「全国市区・サステナブル度・SDGs先進度調査」で首位に選ばれるなど、街全体がSDGsの取組に関心が高いことがわかります。

自転車通勤を行うことが、実はSDGs(持続可能な開発目標)の達成に繋がっていきます。
どう繋がっていくのか?SDGs達成に繋がる、すぐできる取組をご紹介します!

(参考:京都市情報館「京都市におけるSDGsの取組」)


1.京都で駐輪場があるコワーキングスペース
  1-1. GROVING BASE
  1-2. UNKNOWN KYOTO
  1-3. 京創舎

2.自転車通勤でSDGs達成!?その取り組み方
  2-1. SDGsとは?
  2-2. 自転車通勤で達成につながるSDGs
 
3. 持続可能な社会のために個人でできること

 

1.京都で駐輪場があるコワーキングスペース

まずは京都で駐輪場があるコワーキングスペースをご紹介します。

コワーキングスペースを選ぶ大きな1つの理由に、コワーキングスペースのへアクセスが挙げられます。もちろん電車で、という方もいますが、自転車で、自宅からの行きやすさも選ばれるポイントになるようです。

京都は平地なので、行き帰りも楽ちんです。
自転車で通勤したいな、そんな時に職場に駐輪場があれば完璧ですよね。

コワーキングスペース探しのポイントにしてみてください♪

 

1-1.GROVING BASE

(参考: https://groving-base.jp/

GROVING BASE は1棟まるごとのコワーキングスペース・レンタルオフィス。
すっきりとしたインテリアで、カフェ利用も可能です。

京都市営地下鉄五条駅から徒歩5分の立地にあり、自転車だけでなくバイク用にも使える駐輪場があります。

京都の中心地に位置しているので、アクセス抜群です。

GROVING BASE
アクセス: 京都市下京区新町通松原下ル富永町 107番地1
営業時間:平日 9:00-17:30
料金:¥400/時間  ※1ドリンク付き
駐輪場:あり、 自転車バイク用駐輪場完備



1-2.UNKNOWN KYOTO

京都

(公式サイト:https://unknown.kyoto/)

 
UNKNOWN KYOTOは宿×食事処×コワーキングが一体化している宿泊複合施設で、元遊郭建築をリノベーションして作られました。

京阪清水五条駅から徒歩4分、 鴨川に近いロケーションで、ゆっくりとしたときの流れを感じることができる古い木造建築中にあるコワーキングスペースです。

UNKNOWN KYOTO
アクセス: 京都府京都市下京区平居町55番地1
営業時間: 月〜土 10:00〜19:00
料金:ドロップイン利用  500円/ 2時間、1,000円/ 5時間、 1,500円 /1日
※1ドリンク付き
駐輪場:あり(フルタイム会員:1,500円+税/月・週末会員:1,000円+税/月)

 


1-3.京創舎

京都他店舗

(参考:https://kyososha.jp/index.html

京町家の中にコワーキングスペース、シェアオフィスが併設されている京創舎 。
「暮らし」をテーマに、2016年にオープンした京創舎は、木のぬくもりを感じる作りで、ゆったりと過ごすことができます。

京都市市営地下鉄烏丸線、四条駅から徒歩6分で、まるで自宅にいるかのように過ごすことができます。
 
京創舎
アクセス:京都市下京区高倉通高辻下る葛籠屋町519
営業時間: 10:00-17:00
料金:ドロップイン 500円/2時間(税込)1,000円/1日(税込)
(年会費/5,000円(税込)  ※月1回使用料無料)
駐輪場:あり(2,000円/月額)

 

 

 

いかがでしょうか。コワーキングスペースは数あれど、以外と駐輪場があるコワーキングスペースは限られているようです。

そんなときには近くの駐車場を探す必要がありますが、京都市内の駐輪場を調べることができるホームページもありますので、ぜひご活用ください。

 

 

 
2.自転車通勤でSDGs達成!?その取り組み方

自転車通勤は朝の軽い運動としても、はたまた節約手段としても、理にかなった通勤手段です。

そして、京都府京都市はSDGs先進都市であり、SDGsの社会実装を目指す「 京都 産学公 SDGs プロジェクト 」を開始しています。

そんな京都でSDGs目標達成に繋がる、気軽に取り入れることのできる身近な取り組みとしても、自転車通勤をおすすめしています。


2-1. SDGsとは?

SDGsとは、”持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)”という国際目標のこと。

2001年に策定されたミレニアム開発目標の後継として、2015 年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から 2030年までの国際目標です。

(参考:外務省「JAPAN SDGs Action Platform」


2-2. 自転車通勤で達成につながるSDGs

2020年からはSDGs達成のための取り組みのスピードを速めるため、「行動の10年」がスタートしています。

よりよい国際環境のため、国際社会全体で達成したい17の目標。

その中で自転車通勤を選択することで達成に繋がる目標があります。

(参考:国際連合広報センター「2030アジェンダ」)

 

目標3.すべての人に健康と福祉を
自転車通勤によって運動不足、メタボリックの改善。健康的な生活の確保が可能です。

目標7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
自動車から自転車への転換で、CO2削減が可能です。

目標8.成長・雇用
自転車通勤で街に目が向き、観光業の促進になります。

目標13.気候変動
自転車利用による、環境負荷の低減が可能です。



自転車通勤で達成に繋がるSDGs目標は、4つも挙げることができます。

毎日の出勤を自転車に変えていくだけで、国際社会のための取り組みになるなんて、とてもやりがいのある取り組みだとは思いませんか?

ぜひ自転車の利用をおすすめします!
 


3. 持続可能な社会のために個人でできること

 

SDGsの達成とは、遠く北にある氷河の崩壊や、見たこともない奥深い森林破壊を食い止めることだけを指すのではなく、今ここで生きている私たちの身近な”社会で起きていること”を改善していくことを指しています。

自転車通勤を含む、個人でSDGs達成のためにできることをご紹介します。

●エアコンの設定温度を気にかける(目標7 エネルギー)
● マイバッグ、マイボトルを持参する (目標12 生産消費)
● SDGsに関係しそうな情報をSNSで拡散する(目標17 協働)
● CO2排出の少ない交通手段を使う(目標13 気候変動)
● FSC認証マークなどの 認証マーク入り商品の購入する


3番目にご紹介したSNSの拡散などは、ソファーに座っていてもできるような簡単なものです。
今回お読みいただいたのも何かの縁、ぜひ一度取り組んでみてください♪

お読みいただきありがとうございました。

コモンルームは大阪市北区にある、コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室です。
ドロップインでのご利用、定額プラン、バーチャルオフィスプランなど複数のプランをご用意しております。
お仕事や作業、商談や面接場所を梅田駅、大阪駅、中津駅周辺でお探しの際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム梅田
〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
TEL:06-6940-7143 / FAX:06-6940-7144
Email:umeda@common-room.jp
 

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp