施設紹介

コモンルームの内装に木材を多く使う理由

2019.12.25 梅田 中津

大阪の梅田と中津でコワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィスを
運営して
るコモンルームのスタッフがイベントや耳よりの情報等を発信しています。

 

今回はコモンルーム梅田・コモンルーム中津の内装で積極的に取り入れている、木材のお話です。

 

 

両店舗では内装のテイストが異なるものの、デザインの許す限り木材を取り入れています。
木材は人間にとって良い効果がいくつもあり、お仕事に集中頂けるようにと思っています。
そんな木の具体的なメリットとして、以下のものがあります。

 

 

①調湿作用

木材は空気中の湿度が上がると水分を吸収し、乾燥すると水分を放出する超室作用を持っています。
このため室内に木材が多いほど、湿度の変動が小さくなり、爽やかな環境を維持することが出来ます。
湿度調整により、カビやダニの発生も抑制してくれますので、衛生的な空間を保つことが出来ます。

 

 

②断熱性

木材は無数の細胞からなり隙間が多く、その一つ一つに熱伝導率の低い空気をたくさん含んでいます。
そのため、ビニールタイルやコンクリートに比べて冷たさを感じにくく、体温の低下も防ぎます。
暖かさを守ってくれるこの効果は、室内にいる人のリラックス感を向上させてくれます。

 

 

③フィトンチッド(有効成分)

木からは「フィトンチッド」という微生物の活動を抑制する作用をもつ有効成分が発散されます。
森林浴という言葉をよく聞かれると思いますが、森林浴ははフィトンチッドに触れる健康維持方法です。
フィトンチッドにはリラックス効果があるほか、殺菌効果、空気清浄効果もあります。実際の研究結果として
木に触れている時は、脳が活性化し、血圧が安定し血圧が安定しリラックスしている、という報告があります。

 

 

④紫外線カット

木材は紫外線をよく吸収し、温かみのある赤外線を反射します。紫外線をほとんど含まない光を反射するので、
目に与える刺激が小さくなります。このため、木に囲まれた部屋は、まぶしさが抑えられ目の保護に繋がります。
木の肌触りと優しい光に囲まれた空間では、きっとお仕事にも集中して頂きやすいかと思います。

 

 

⑤その他

その他にも木材にはいろいろと良い効果があります。
・磁気を帯びていないので、パソコンやタブレット等に悪影響を与えない。
・化学物質が発生しないので、シックハウス症候群の心配がない。
・音を適度に吸収して心地よく感じる範囲に調整するため、音が聞きやすい。
などなど

 

 

いかがでしょうか?コモンルームのコンセプトの一つである『木のぬくもり』。
デザインとして選択した一面もありますが、上記の効果を感じて頂きたく木材をチョイスしています。
色々なコワーキングスペースが増えていますが、コモンルームは利用者様のお仕事のしやすさを第一に考えています。
木材がもたらす様々な効果もその一助になればと思います。是非いちどコモンルームをご利用下さいませ。

 

 

コモンルームは大阪市北区にある、コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室です。
ドロップインでのご利用、定額プラン、バーチャルオフィスプランなど複数のプランをご用意しております。
お仕事や作業、商談や面接場所を梅田駅、大阪駅、中津駅周辺でお探しの際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム梅田
〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-11 共栄ビル3F(受付)
TEL:06-6940-7143 / FAX:06-6940-7144
Email:umeda@common-room.jp

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp