スタッフ コラム

コワーキングスペースを使うのは誰なのか~これからの働く場所について考える~

2020.01.27 中津

 

◆大阪の梅田と中津でコワーキングスペース・シェアオフィス・
レンタルオフィ ス・バーチャルオィスを運営しているコモンルームの
スタッフブログ!
大阪・北エリアのイベントやグルメなどの耳より情報を発信しています。
=========================================

 

 

 

みなさん外出時のマスク着用・帰宅時の手洗いうがいは徹底していますか?

25日から26日にかけて感染者・死者が急に増えたコロナウイルスによる新型肝炎ですが、とうとう日本でも指定感染症にする方針となったようです。

感染力の高いウイルスとのことですので、できる限りの予防をして気を付けましょう。

 

働く場所にとらわれない時代の到来を実感

 

 

そんな中、GMOインターネットグループがウイルスの感染拡大に備えて、一部拠点の従業員を在宅勤務させるなどの対策を発表したとのニュースが出てきました。

 

GMO、新型肺炎で国内4000人を在宅勤務に 27日から(日本経済新聞)

 

記事によると、在宅勤務の対象は、中国からの観光客が多い東京・渋谷、大阪、福岡などの拠点で勤務する約4000人にも上るとのこと。

来たるべき時に向け、在宅勤務への移行の体制を整えていたようですが、実際にGMOのような大企業でも在宅勤務で業務への対応が可能という現実は、今後のテレワーク・リモートワーク・在宅ワークといった、 『職場以外で働くこと』の可能性の明るさを感じえずにはいられません。

 

今回は感染拡大を防ぐためという名目での対応ですが、このように在宅勤務などの職場以外で勤務することが可能なインフラが整ってきたこと、 どこでも仕事ができる職務内容自体の体制が出来上がりつつあることを鑑みると、コワーキングスペースの可能性もさらに広がっていくのではないか、と考えています。

 

 

今後の『働き方』

 

最近では、政府が働き方改革として推進しているテレワークや、会社だけでない場所(在宅も含めて)で働くリモートワークなど、働き方も多種多様になり、企業側も様々な理由から、オフィス以外での勤務を認めるケースが増えています。

 

○移住のため
○子育てと仕事の両立のため
○自分の予定と会社の予定、両方諦めないため
○限られた時間の有効活用のため

 

働く人それぞれの事情により仕事かあるいはプライベート、何かを諦める…ということではなく、「両方とも大切だからこそ、解決策として働き方改革を進めていく」というケースが増えています。

  

私がよく読む女性ファッション誌でも、最近では女性の働き方の一例としてテレワークが出てきていたり、その認知度は増加している印象です。ワークライフバランスを大切に、という言葉も良く聞きますが、『働き方』の変革によって、実際にそのバランスを取るための手段が整ってきたのではないでしょうか。

 

  

コワーキングスペースは誰が使うもの?

 

実は、コワーキングスペースの利用層も変化・拡大の傾向があります。

そもそも、コワーキングとは2005年頃からサンフランシスコを中心に始まった働き方で、コワーキングスペースは主にフリーランス(個人事業者)やスモールカンパニー(小規模法人)が対象の場所として発展しました。その後、様々な国のインフラの発展、フリーランスやスモールカンパニーの増加とともに全世界へ広がりました。(コワーキングとは コワーキング協同組合より)

 

上記のように、小規模ビジネス向けの場所として台頭してきたのがコワーキングスペースです。しかし、近年ではフリーランスという業態の方だけではなく、会社にお勤めの社会人の副業の勉強場所として、リモートワークの拠点として、コワーキングスペースを利用する層が増えつつあります。

  

日本でも2011年ごろから都市を中心に増えていたコワーキングスペースが、最近では全国各地で見つけることができます。端的に言うと、『仕事ができる場所』が増えてきている、ということです。

  

近くに住んでいるから寄りやすい、会社と得意先の間に位置していて行きやすい、最寄り駅に近いから利用しやすい、などの立地面はもちろんのこと、Wi-Fiや電源などの設備が整っている、机仕事がしやすい環境になっている、などなど、コワーキングスペースは第2の職場とするのにはもってこいの場所です。

 

フリーランスの方の毎日の拠点としてはもちろん、コワーキングスペースの増加と、認知度の拡大とともに、テレワーク・リモートワーク・在宅ワークといった、 『職場以外の働く場所』として利用する方も、今後より一層増えていくのではないでしょうか。

 

いろいろな働き方に沿って、自分で選べる仕事場として、ぜひ一度近くのコワーキングスペースを利用してみてください。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

●コモンルーム中津は、大阪市北区にあるアットホームな雰囲気のコワーキングスペース×シェアオフィスです。 コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室としてご利用頂けます。ビジター利用は90分500円から、貸会議室は30分550円(最低1時間~)から。
お仕事や勉強はもちろん、商談や面接のご利用、他の利用者様とのコミュニティを作ることも可能です。
中津駅、梅田駅、大阪駅、茶屋町周辺でお仕事をされる際は、お気軽にお越しください。
コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp