利用者様の声

【お客様の声☆利用者さんインタビュー】キネ坊主 CineBoze さん

2020.04.01 中津


◆大阪の梅田と中津でコワーキングスペース・シェアオフィス・
レンタルオフィ ス・バーチャルオィスを運営しているコモンルームの
スタッフブログ!大阪・北エリアのイベントやグルメなどの耳より情報を発信しています!
=========================================


こんにちは。コモンルーム中津です。

このたび、新企画『突撃!利用者さんインタビュー』をスタートさせて頂くことと相成りました!(^^)!

今回は、コモンルーム中津の映画愛好家といえばこの方…!!

さらに、その映画が好きという情熱🔥を副業へと結びけた「キネ坊主―CineBoze-」の原口和大さんにインタビューさせて頂きました!

映画に対しての愛情をすごく感じるインタビューとなりました!

それではさっそくインタビュースタートです♬

=====================================

原口 和大さんプロフィール


―――今回はお話を伺うお時間を頂き本当にありがとうございます!

いえいえ!こちらこそありがとうございます。


――― さっそくですが、原口さんはかなり長くコモンルームをご利用くださってますよね。きっかけはどういったことだったんですか?

はい。もともと東京でSEとして働いていたんですが、大阪で改めて仕事を探すことになったんです。
そのときに当時のコモンルームの店長が参加しているイベントでコモンルーム中津のことを知り、転職活動のために利用するようになりました。

――― 転職活動の拠点としてまずは利用され始めたということですね

そうです。
どうしても家では集中しきれなくて、新しい作業スペースを探していたんです。
東京にいたときのコワーキングスペースっていわゆる「意識が高い人が集まる場所」っていうイメージだったんですが、コモンルームはまったくそういうところがなくて。
アットホームなんだけど程よく周りに人がいて、目線を意識することができるので背筋が伸びるというか。すぐにここにしよう!って思いました。
転職活動中は、「コモンルーム中津」に出勤して「面接」という営業に行くっていうイメージでした(笑)

――― わかりやすい(笑)!たしか、転職されたことと映画ライターを始めれたことにもすごく深くかかわっているんですよね?

はい。そもそもが転職をきっかけに大好きな映画を楽しむ時間が増えたっていうのがあって。
実は今働いている会社がすごく働き方改革に力を入れていて、基本的に「早く帰ろう!」っていうスタンスなんです。
それで仕事終わりぽっかり空いた時間に、大好きな映画を1本、2本と今まで以上に鑑賞するようになりました。


――― 時間に余裕ができると好きなことに集中できるようになりますもんね。原口さんはすごく文章を書かれるのもお上手ですが、元からお好きだったんですか?

そうなんです。実は、東京で働いていたときから「日経産経新聞」の気になる記事に関して自分の考えをブログにまとめたりしていたんですよ。
自分自身理系なのに、大学時代一般教養の社会学で文系寄りの知識を深めるのが楽しかったり。
もともと「文章を長く書く」ことがすごく好きだったんだと思います。


――― まさしく「好きこそ物の上手なれ」ってやつですね!そもそも、映画への情熱とライター業務が結びついたきっかけって何だったんですか?

はい。
実は、コモンルーム中津の以前の会員で映画カメラマンをしている人が映画ライターを探していたんです。
その縁で映画ライターとして取材をさせてもらうことになって。
また、その紹介してくれた人が実は自分の高校の一個上の先輩だったり(笑)
すごく意外な縁がつながって、つながって。枝分かれ状に伸びていって、今があります。


―――ほんとにすごい偶然ですね!今では、ご自身の映画情報サイト「キネ坊主」さんの歴史もかなり長くなってきてますよね

『キネ坊主』をはじめる前、まずは文章力を鍛えたいと思って関西の映画情報サイトが開催した映画ライター講座を受講して、 その映像情報サイトに映画レポートや記事を上げていました。

そこから、だんだんもっと自分のカラーを出していきたいと考えるようになって 。2016年の12月1日【映画の日】に立ち上げたのが『キネ坊主』なんです。立ち上げる際に、コモンルーム中津のメンバーさんにHPを作るのを手伝ってもらったんですよ。


――― 私もHP拝見させて頂いたんですが、めちゃくちゃたくさんの人にチェックされいて私自身ブログを書くようになったこともあってひしひし感じるのですが、あの閲覧数は本当にすごいです!

ありがとうございます(笑)
始めたときは自分ひとりだったんですが、今ではありがたいことにオファーも増えて、『キネ坊主』のほうはライター5人体制で頑張っています。


――― サイトを運営されるにあたって、なにかこだわられているポイントはありますか?

はい。まず今までずっと広告は入れずにごくごくシンプルなつくりにしていて。映画好きな人が映画の情報に集中できるようなHPを心がけています。

あとは「坊主は悟る」というコーナーで自分目線で感じたことをしっかり語るようにして、他の映画サイトとも差異を出せればなあって考えていますね。
コーナータイトルはシンプルに自分のヘアスタイルが坊主なことからです!
そして坊主なら“語る”のではなく“悟る”だろうと(笑)


――― (笑)。そういったこだわりが伝わって、今は色んなところからくるオファーも受けられていて。

ありがたいですね。
実は少し前にツイッターで「紹介してほしい映画があるんです」って連絡をもらったことがあって。
どんなところなんだろうって思っていたら、 関西では有名な映画宣伝会社ですごく驚いたりっていうこともありました。
コツコツ続けてきて、今ではかなりたくさんの会社からもオファーをもらえるようになりました。

コモンルーム中津の2階コワーキングスペースに最新のチラシも置いてくださっています。



――― 利用当初は転職活動の場所だったコモンルームが、いまでは利用目的が映画ライターとしての拠点になっているんですね。

そうですね!
本当に居心地が良かったのもあって、仕事が決まって日中は来れなくなったんですがフルタイムメンバーから夜週末メンバーにプランを変更させてもらって。
荷物を受け取ったり、ライターとしての拠点としてずっと利用しています。


――― ありがとうございます!それでは最後に、原口さんにとって「コモンルーム中津」ってどんなところですか?

そうですね…。自分にとってコモンルーム中津は本当に居心地が良い場所です。
なにより変り者の自分を自然に受け止めてもらえたっていうのもあって(笑)
本業の仕事探しにはじまり、映画ライターの仕事もここから色んなことがスタートしたなって感じています。


――― そう思っていただけているコモンルーム中津をこれからも守っていけるように頑張っていきますね。これからもどうぞよろしくお願いします。
   本日は貴重なお時間いただいて本当にありがとうございました!

こちらこそありがとうございました!



*********************

原口 和大さん
サイトURL:キネ坊主-Cine Boze- https://cineboze.com/

*********************


●コモンルーム中津は、大阪市北区にあるアットホームな雰囲気のコワーキングスペース×シェアオフィスです。 コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィス・貸会議室としてご利用頂けます。ドロップイン利用は90分500円から、貸会議室は30分550円(最低1時間~)から。
お仕事や勉強はもちろん、商談や面接のご利用、他の利用者様とのコミュニティを作ることも可能です。
中津駅、梅田駅、大阪駅、茶屋町周辺でお仕事をされる際は、お気軽にお越しください。

コモンルーム中津
〒531-0072  大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル2F (受付)
TEL:06-6147-9991 / FAX:06-6147-9989
Email:nakatsu@common-room.jp